「真珠に深呼吸」

只今当社はコロナウイルス感染拡大防止の為営業自粛中ですが、

皆様におかれても家にいる時間が多くなったこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

こんな時だからこそできる真珠のお話を一つご紹介いたします。

パールのチョーカーなど普段の出番の少ないジュエリーに、

いざお使いになるときの為に出来るお手入れなど如何でしょうか?

糸が切れたなどでご来店のお客様のネックレスを拝見いたしますと、

ケースも汚れが目立っていることが多々お見受けされます。

使わない時間が多く、湿気や汚れが付着したままの保管などが考えられます。

…………………………………………………………………………………..

P1240759

五月晴れの湿度の少ない今の時期だからこそ換気の良い環境で

ケースの中から真珠を取り出し、あらためて深呼吸させるような気持で

表面をクロスで拭き上げて汚れの付着もチェックしてみてください。

清潔で柔らかく乾いた布で拭く事も真珠を長持ちさせるお手入れ方法です。

…………………………………………………………………………………..

同時に、珠と珠の空間が多く空いていないか?

やさしく拭きながらチェックしてみてください。

真珠ネックレスはさまざまな種類の糸をつかって形作られています、

真珠と真珠の隙間が目立ってきたら糸が伸びたか劣化のサインです。

”ここぞという時”に真珠ネックレスの糸切れなんてことにならない様に、

真珠の点検方々早めに糸の交換をされることおすすめします。

…………………………………………………………………………………..

他のジュエリーもこの際、点検等はいかがでしょうか?

…………………………………………………………………………………..

宝石が外れていた、サイズが合わなくなっていた等あるかもしれません。

そんなときはお気軽にご相談ください。

…………………………………………………………………………………..

外出が楽しく普通にできる日が一日も早く来ることを願っております。

                             髙橋 実智夫